弾き語るお姉さんを邪魔する猫、許さざるを得ないエンディングに


うわー、最後にこんなんされたら、許しますわ。

猫がギターに乗った状態から、弾き語り動画がスタート。演奏が始まったら降りるのかと思いきや、画面中央に陣取ったまま、一曲歌い上げてしまう、弾き語りFeaturing猫の動画であります。顔へのスリスリ攻撃、ギターの弦に前脚を出す、髪の毛に齧りつく、頬に寄っかかるといった、考え得るすべてのちょっかいを出し続ける、猫の様子をどうぞ。歌うのは、オーストラリアのミュージシャン、Ayleen O’Hanlonさん。陣取るは愛猫のGeorgeであります。

なんという傍若無人っぷり。しかし、無事に歌い上げるところはさすがプロ。ところがGeorgeのほうが一枚上手でありました。演奏終了後、ギターの上に居座ったまま、Ayleenの胸元にくるりと丸まって甘える、プロ猫っぷりを発揮。思わず笑みをこぼすAyleenさん。これはご本人ならずとも許さざるを得ない気持ちになりますな。

この曲「Loverless」は、彼女のファーストシングルなのだとか、公式ページではSOUNDCLOUDにて一曲丸ごと試聴可能です。YouTubeでの試聴はこちら。今年はアルバム「Blend and Spill」が発売予定。公式Twitterはこちら、公式Facebookページはこちらです。

‘Loverless’ feat. George the cat – Ayleen O’Hanlon/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です