2022年9月16日

据置の電話の番する賢い猫、鳴った受話器を外して放置

Advertisements
Ad
220915Cat 1024x768 - 据置の電話の番する賢い猫、鳴った受話器を外して放置
Ad

イエ電を知らない世代への、電話の取り方教育にご活用ください。

一世代前のSOHOで観測された、電話番猫の的確な働きぶりをご覧あれ。

1994年といいますから、30年近く前に撮影されたこちらの映像。ブラウン管ディスプレイに重厚なキーボード。懐かしさの漂う机の上には、これまたノスタルジーを誘うビジネスフォンであります。

スポンサードリンク

動画をアップされた飼い主さんによると、不在時にビジネスフォンの受話器が時折外れており、不審に思って検証したのだとか。電話を鳴らすと猫のPumbaがスタスタ寄ってきて、音の出元を確認してから、おもむろに頭突きで受話器を横倒しに。やれやれ、これで音が止まったと安心して元の場所へと戻る様子が記録されたのでありました。

Pumbaはその後、2011年の2月26日に19歳で虹の橋を渡ったとのことですが、YouTubeのおかげで2022年のいまも、こうして動いて受話器を外しているのであります。

Cat answers office phone/YouTube]

Advertisements
author - 据置の電話の番する賢い猫、鳴った受話器を外して放置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。