2022年1月9日

加減速Gも横Gにも動ぜず、猫がF1乗ったらこうなる

Advertisements
Ad
220108cat 1024x575 - 加減速Gも横Gにも動ぜず、猫がF1乗ったらこうなる
Ad

ハンドルさばきに追随する首の動きは、動体視力の良さの賜物でしょうか。

猫がジェットコースターに乗ったらこうなる映像を以前紹介しましたが、国産映像にてF1バージョンを見つけてまいりましたので2022年3月のF1開幕に向けての目慣らしとしてご活用ください。

猫界初と思われるF1ドライバーはキジトラ猫の小鉄君。ライバルはシューニャッハか、はたまかライコニャンか。初運転は富士スピードウェイでのテストドライブであります。

スポンサードリンク

ピットクルーにアイコンタクトを取りながら、颯爽とピットアウトすると視線はすぐさま前方へ。マシンが右へ向かえば小鉄君の首も右向きに、左に向かえば左向きにとスムーズに追随する後頭部を眺めていると、前脚でアクセルを踏みながらF1マシンを運転しているようにも見えてくるほど、見事にシンクロしております。

最後はあくびとよそ見運転によるスピンで残念ながらコース中途で停車して、助けを待つかのように周囲を見わたす小鉄君でありました。スピン後の様子も記録された元映像はこちらからどうぞ。

【Twitterで356万再生】初めてF1を運転する猫 Cat driving Formula One for the first time/YouTube]

Advertisements
author - 加減速Gも横Gにも動ぜず、猫がF1乗ったらこうなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です