忠猫神社の御朱印の授与、コロナ禍を受けて郵送対応

Advertisements
Ad
210826cat 1024x699 - 忠猫神社の御朱印の授与、コロナ禍を受けて郵送対応
Ad

読者諸兄のなかにも、御朱印収集家が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

神社参拝の折に授与いただく定番アイテムとなっている御朱印を、コロナ禍を理由に郵送対応されている神社が多くあります。以前取材した、忠猫碑を祀る秋田県横手市の「忠猫神社」でも授与品の郵送対応を行っているとの情報を得ましたので、猫クラスタ×御朱印クラスタの皆様に謹んでご報告申しあげる次第であります。

皆様ご承知の通り、通常は授与品として参拝者に直接頒布されるものですが、

コロナ禍であり、多くの方が参拝することができない、
という事情を考慮し、現在は郵送対応しています。

スポンサードリンク

とのことで、神と猫とが結ぶご縁ということで御朱印帳に猫の御朱印を加えてみるのはいかがでしょうか。

初穂料は御朱印が300円、御守が600円。送料等は御朱印のみの場合が200円、御守のみまたは御守り御朱印の場合は370円となっております。支払い方法はゆうちょ銀行の口座への振込となっておりまして、頒布についてのお問い合わせ・申込みは公式サイトのフォームより受け付けているとのことであります。

2016年にクラウドファンディングによって建立された「忠義な猫資料館」および「忠猫神社」は、その後、猫にまつわる地域おこしの拠点となりまして、最近では保護猫募集の告知をWEBサイトで行ったり、忠義な猫をモチーフにした「忠義な招き猫」のオブジェを手がけたりと、猫の活動の幅を広げられております。全国でも数少ない猫を祀る神社として、猫ジャーナルとしては今後とも引き続き定点観測を行っていく所存であります。

Advertisements

忠猫神社の授与品について/浅舞八幡神社オフィシャルサイト]

author - 忠猫神社の御朱印の授与、コロナ禍を受けて郵送対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です