2020年8月22日

本日の美人猫vol.384


200821cat 1024x683 - 本日の美人猫vol.384

赤いバケツの中から、見得になる猫。たった1匹で絵面の見得を形作っております。

本日の美人猫は黒い顔にギラリと光るアンバーの目。向かって左の目はググッと内に寄り、口元の白い模様はキッと結んだかのように。当代市川ニャン十郎の見事な見得であります。

「見得を切る」は誤用で「見得をする」が正しいなんて話が辞書などにもありますが、江戸時代の用例を見てみると古くは「見得になる」と言ったようでして、「見得をする」という用例はざっと調べたところでは皆無だったため、なんちゃら仕草に類するものかどうか、この猫のようにキッと睨みをきかせつつ、今後の研究・調査の進展に期待したいところであります。

[Photo by Marina Khrapova on Unsplash]

[amazonjs asin=”4046219645″ locale=”JP” title=”古典基礎語辞典”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です