2020年7月23日

猫と暮らす自宅で2時間勉強したら、ほぼフルタイム猫と密着


200722cat 600x316 - 猫と暮らす自宅で2時間勉強したら、ほぼフルタイム猫と密着

夏休みの自宅学習時のご参考になれば幸いです。

予定では今日はオリンピックの開幕とかなんとか言ってたはずなんですが、そんなどころではないので勉強することに致しましょう。間もなく迎える短い夏休みを前に、自宅での学習と猫との関係性の一例をご紹介。

リモートワーク・テレワーク界隈では、猫による時間泥棒事案が目立ちましたが、紙と筆記用具を主として使用するお勉強ではどうなのか。イギリスのVlogger・Holly Gabrielleさんのチャンネルにアップされておりました、2時間の自宅学習を猫と一緒に行った記録映像を例に、その実態を見ていきましょう。

まず、白黒猫のMilkaがお昼寝中のオフィスチェアを間借りして、お勉強タイムがスタート。6:08ごろに、Milkaは背中から机の上へと移動して1分ほど滞在。その後、机から降りてどこかへ移動したようです。14:25ごろにカメラのバッテリーが切れ、Hollyさんが席を立つと、空いた席を狙うMilkaが見えます。恩情により膝に乗せてもらって、再び勉強タイムがスタート。

約20分後、眠気が覚めたのかひょっこり顔をカメラの前に出すMilka。しかしすぐにまた膝上に寝そべり、充実の二度寝体勢へと突入します。再び顔を出すのは約40分後。いよいよ降りると思われましたが、それでも猫は膝の上から退きません。机の上を観察してまた膝上占拠を継続し、とうとう1:32:31ごろに強制退去命令が発動されます。

ところが猫はあきらめません。画面では姿は見えませんがすぐさま背もたれ側に移動し、密着体勢を堅持。以降はカメラには見えぬ位置で結局最後まで椅子に居座ったものと思われます。

この事例から得られる教訓としては、自宅での勉強時間はそのまま猫との接触時間となる可能性が大いにあること、さらには猫が側にいても勉強しようと思えばできなくもないという事実でして、パソコンでの勉強だと邪魔される場合には、紙と鉛筆に持ち替えてみるのも、一案かと思われます。もちろん、かえって火に油を注ぐ可能性もありますのでその点はご注意ください。

REAL TIME STUDY WITH ME & MY CAT | 2 HOURS OF REVISION PRODUCTIVITY (NO MUSIC)/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です