2019年9月22日

猫を相手に子どもが本を読み聞かせ、保護シェルターの「Book Buddies」プログラム


猫を相手に子どもが本を読み聞かせ、保護シェルターの「Book Buddies」プログラム

ご飯の間も、こうやって全身全霊耳を傾けておるわけです。Buddyですから

ペンシルバニア州バークス郡にあります、猫などの動物保護&里親探しを行うシェルター施設「Animal Rescue League of Berks County」では、施設の保護猫に読み聞かせられ役をやってもらえる「Book Buddies」プログラムが実施されています。対象となるのはgrades 1-8とのことなので、6〜14歳の音読ができる子どもたち。シェルターの営業時間内で、保護猫ルームにて本を読み聞かせができるというわけであります。フィラデルフィアのローカル放送局「WHYY」が、2014年に取材した映像がYouTubeにアップされていましたのでご覧くださいませ。

シェルター公式サイトの「Book Buddies」ページによれば、元々、スタッフの一人が息子のシェーン君のために始めたもので、シェーンは猫に本を読み聞かせるが大好きだったことから、このBook Buddiesプログラムが生まれたとのことです。

子どもたちは読書の鍛錬になり、シェルターへの社会貢献となり、読み上げる声は猫の子守歌になるわけで、win-win-winの三方一両得といった塩梅でありますが、実際の映像を見ておりますと、ご飯を食べながらも読書の声に耳を傾けていたり、眠るどころか「兄ちゃん、ちゃんと読んでるかね」と耳の後ろのニオイを嗅ぎに来たり、読み上げる子どもの側にぴったり寄り添ったりと、ボランティアにしてはしっかりと、猫も子どもをケアしている様子がうかがえます。

図書館にいた読み聞かせられ役の猫とともに、盲導犬のように読み聞かせられ役猫が認知されまして、日本の各所の図書館や猫シェルターや保護猫カフェにて活躍する日が来ることを、切に願う次第であります。

Kids read to cats in Berks County, Pa./YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です