『建築知識』の猫の長生き特集号、前回に続きまたもや書籍化



狙うは二匹目のドジョウならぬ、二匹目の猫であります。

早いもので『建築知識』2017年1月号「猫のための家づくり」が同年9月に書籍化されてから、約1年半。『建築知識』2018年2月号「20歳までネコが元気に長生きできる住まい」が出てから約1年。我々猫クラスタは待っておりました。パワーアップした書籍版が刊行される日を心待ちにしていたのであります。

そして経ること幾星霜、平成最後という4文字が日増しに実感を伴い、元号発表まで2ヶ月を切った今年2月。ついに『建築知識特別編集 20歳まで猫が元気に長生きできる住まい』が発行されたのであります。

前回の猫特集書籍化に続き、編集期間もたっぷりと掛けて、情報量もボリュームアップ。クオリティを追求するこだわりを随所に感じられる細かな図面は、今回も健在です。「人と猫が嬉しい」という通奏低音も今回もしっかりと踏襲されています。公式Instagramは以前にも増して猫分含有量が多くなり、よしよし。 うーむ、よしよし。とうなずかざるを得ないのであります。

目次を見るだけでも分かるのですが、全3章の最終章「毎日できる猫の健康管理と防災」は、建築とは直接関係のない猫の健康と習性、人との暮らし方に関する内容です。それこそ、この部分だけ切り取って書籍化しても申し分ない仕上がりですし、他のどの猫本と比較しても遜色ないというか、ここまで詳細にまとめている本のほうが少ないレベルであります。

今後とも、愛猫のやる気のみならず、猫と暮らす者共の購買意欲を引き出す本作りに邁進いただけるよう、切に願う次第です。

建築知識特別編集 20歳まで猫が元気に長生きできる住まい/エクスナレッジ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です