2018年11月11日

グアテマラモスクワエジプトワシントン、猫と一緒に周遊気分を


北京ベルリンダブリンリベリアには停車いたしませんのでご注意ください。

2年ほど前にKickstarterで目標金額を集めて製品化された、世界各地のランドマーク型猫ハウス「Landmarks」を使えば、自宅の一室にいながら、東武ワールドスクエアに行った気分になれるのであります。猫ユーザーによる無言のレビューを交えた紹介動画にてお確かめください。

発売元は、オランダ全国に183店舗を構えるペット用品専門店「pets place」。Kickstarterにて資金を集めたのは「PoopyCat」という会社でしたが、今年の1月にpets placeに「Landmarks」シリーズを譲渡したとのことです。材質は段ボール製で、公式ショップでは「ホワイトハウス」「クレムリン」「スフィンクス」「マヤピラミッド」の4種類が販売中です。

東武浅草から特急で約2時間。南栗橋から各駅停車で約2時間。仲見世の喧騒から遠く離れ、人口密度の低さを感じながら世界のランドマークを巡るあの気分を追体験しながら、猫が遊ぶ様子を楽しめるという絶妙なお得感。ホワイトハウスにクレムリンという、現代の国際情勢を左右する政治中枢スポットや、マヤのピラミッドやスフィンクスという5000〜2000年くらい前の地域政治中枢スポットを、猫に詮索してもらえます。

気になるお値段は、€19,99〜€26,49。日本への送料はと言いたいところですが、残念ながら公式ショップでは配送可能な地域がオランダ国内のみとなっております。出張もしくは旅行でオランダへ赴かれる方に、お土産として購入をお願いするのがよろしいかと思われます。

Landmarks by Poopy Cat – The number 1 play house for cats!/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です