2018年7月9日

ちょうどよい深さと形と温もりと、猫は寛ぐ炊飯器の中


象印ならぬ猫印であります。

周囲の視線をちょうどよく隠し、ほどよい温もりまで備わっているという、猫から見れば入らないのはもったいないと思うのも当然至極の、あの家電に収まる猫を観測いたしましたので、ご紹介いたします。

今回の主役は、シンガプーラのあんずさん。一仕事終えた炊飯器が空っぽなのをいいことに、猫専用寛ぎスポットとして活用しております。腰回りのフィット感、首をもたれる絶妙な縁、どこをとっても猫にとって完璧な寝床であります。あんずさんの表情も、お休みモードまっしぐらといったところでしょうか。炊飯器型段ボール製猫ベッドか、猫の体温を利用して保温する炊飯ジャーが登場する日も近いのではないかと思わせます。

炊飯器猫 BYあんずニャよ!/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です