2018年3月26日

茶トラが座るところに座りたい猫、ソフトな督促あえなく失敗


どいてほしい忖度 vs 放ってほしい忖度。

今、他の人が使っているところを使いたい心理。そんな、兄弟姉妹でよく見かけるシーンでありますが、猫ロジックで言えば「他の猫がいるところはあったかい」という合理性があるのかもしれません。でも、そう簡単には問屋が卸さず、思いどおりにはいきませんが、事を荒立てず、なんとか穏便に譲ってもらおうとしている、ピースフルな猫動画をどうぞ。

お布団の上で丸まっているのは、茶トラのCOCO。その後で、COCOの場所を狙っているのが黒白のベロであります。狙っている、というか、ちょっとどいてくれませんかねぇと、場所を譲ってくれるように催促しているようです。その手法は、叫ばず噛まず爪立てずという非核三原則ならぬ非嚇三原則といったところでしょうか。どかないCOCOの忖度アンテナオフっぷりは、「権威に対する過度な忖度」とか、「明らかに無理筋なのは分かってるんだけど、支持勢力への配慮として叫ばざるを得ない忖度」とかで右往左往する人間の模範になるのかもしれません。

どいてー(グイグイ押す猫) ~bero wants to move coco~/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です