2017年12月14日

ぴょっこりと猫が顔出す靴下から、紙製立体クリスマスオーナメント


「サンタが届けてくれた猫」にするか、「サンタが猫」を選ぶか、迷ってしまいます。

セントラルフロリダを拠点に活動している、Paper Sculptor、つまり「紙の彫刻家」であるMatthew Rossさん。2006年から紙の彫刻家として仕事をしている彼の公式ショップで販売中のアイテムが、今回紹介する、かわいさ満点の、猫のクリスマスオーナメントであります。

上の写真は「Kitten in a Stocking」。赤い靴下に、ちょこんと前脚を乗っけて顔を出した子猫の表情と、クリリンとしたお目々がなんとも印象的。


こちらは「Cat in a Santa Hat」。先ほどの靴下猫が子猫だったのに対して、こちらは大人猫であります。パーツは共通のように見えますが、よーく見るとマズル部分のサイズが、子猫と異なっておりまして、観察眼の鋭さと、その表現力に敬服する次第です。

気になるお値段は「Kitten in a Stocking」のほうはが1つ50ドルで、毛色のバリエーションは、Long Hair Gray and White Tabby、Long Hair Tuxedo、Siamese、White、Tuxedoの5種類。「Cat in a Santa Hat」のほうが1つ40ドルで、こちらの毛色のバリエーションは、Orange TabbyとGrey Catの2種類です。「既製品タイプにわが家の猫の毛色がないぞ」と鼻息荒く息巻く方には、注文後に猫の写真を送ってオリジナルの毛色・柄で作ってもらえるタイプもあります。「Cat in a Santa Hat」のほうは、ステッキ状の飴を咥えるかどうかも選べるそうです。こちらは既製品にプラス5ドルとなっています。

日本への発送にも対応していまして、送料は一律27ドル。今年のクリスマスに間に合わせるのであれば、既製品のほうが無難かと思われます。どっちがいいか迷った場合は、大人ならではのソリューション「どっちも買う」を選ぶに値するかわいらしさと言えましょうか。横から見た写真や、リースタイプのオーナメントもありますので、詳細は公式ショップをご参考あれ。

Original Paper Sculptures/PaperMatthew]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です