2014年12月12日

猫ハンコの「伊藤ネコ」着ぐるみ化計画、クラウドファンディングが進行中




猫イラスト入りハンコとして、猫アイテム界隈では知られる「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」。そとばこまち出身の二人による演歌歌手ユニットと間違えぬよう、細心の注意が必要な名前でありますが、「伊藤ネコ」の出てくるほう、と覚えれば難なくクリアできるかと思います。

そのハンコ屋のほうの、しにものぐるいのマスコットキャラ「伊藤ネコ」が、2次元の壁を越えて、3次元化着ぐるみ化すべく、クラウドファンディングにて支援を募っています。目標額は100万円で、期限は12月31日いっぱい。

着ぐるみ概要は、5から6頭身のスレンダーボディ。「ゆるキャラなのにユルくない」との言葉の通り、3次元化に伴う脳内イメージ補正を超越する存在感を発揮しそうな着ぐるみです。プロジェクト成功の暁には、

そしてゆくゆくは谷中のご当地キャラとしてハバをきかせ…いや、地域をもっともっと楽しくしたい!

と、しにものぐるい実店舗のある谷中を活性化する、ご当地キャラ化を目論んでいるようです。

支援のタイプは17種類で、3000円から最大で1千万円まで。現実的な選択肢としては、今回のプロジェクト限定イラスト入りハンコと、ステッカー、伊藤製作所新聞(号外)&ポストカードがセットになった「はじめての しにものぐるいセット(送料込で3000円)」や、オリジナルイラストのTシャツ(送料込みで4900円)あたりになろうかと思われます。500万円、1千万円といった桁違いの支援に対するリワード(特典)と合わせて、ご覧ください。

「会いに行けるゆるキャラ」を作りたい!とのことでしたので、ゆくゆくは、総選挙とか、おまけにCDが付いてくる握手券販売とか、猫界初の紅白出場を視野に入れた活動に期待が高まります。

「会いに行けるゆるキャラ」を作りたい!伊藤ネコ 着ぐるみ化プロジェクト!/kibidango]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です