2017年8月15日

カレンダーを猫のオモチャにメタモルフォーゼ、月に一度のお楽しみに


どこの実家にも、1つはあるやつです。

ミカンの出回る時期には、剥いた皮と筋を入れる容器として大活躍する、絶妙なB4切サイズの「あのカレンダー」。ミカンのない時期には、古紙回収袋などが行き場所になってしまいますが、猫とお住まいの皆様でしたら、このような活用法もございます。ということで、ユーザーレビューをご覧あれ。

すっぽり隠れるナイスなサイズの隠れ場所。猫に被せりゃ大興奮。飽きたおもちゃも、このカレンダーボックスを併用すれば、別モノと認識してくれること請け合いです。振れたりこすれたりする旅に、カサカサと音が出る紙質も、猫オモチャとして絶妙と言えましょうか。動画をアップされた方も、動画の説明に記されていますように、1か月に1度、というペースが飽きないポイントでしょうか。「実家 カレンダー」で検索すると画像がたくさん出てくる、あのカレンダーをお使いの猫飼い主さんは、お試しくださいませ。

カゴの作り方(折り方)は、まったく別の方の動画ではありますが、こちらをご参照ください。

スネークねこ/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です