「社員の飼い猫向け」の福利厚生制度を導入する会社が登場




猫に篤い会社が生き残る時代、かもしれません。

保護動物と飼いたい人とを結ぶマッチングサービス「OMUSUBI」や、ペットの専門家が発信するメディア「ペトこと」、ペットと飼い主の思い出管理サービス「HONEY」を運営する、株式会社シロップでは、新タイプの福利厚生制度を導入するとのプレスリリースを発表。その内容は、社員の飼い猫に対する、動物病院利用料の割引という内容であります。

プレスリリースによりますと、社員の飼い猫・飼い犬を、「社員猫」「社員犬」として登録すると、会社が指定した動物病院・ドッグサロンの利用料が割り引きになる、という福利厚生制度となっています。

■福利厚生施策の概要
本施策は、社員が飼育しているペットを社員犬・社員猫として登録することで、指定の動物病院・ドッグサロンの利用が通常価格より安く利用できるというものです。登録できるペットは犬と猫が対象となります。利用できる施設は以下の3施設です。

同社では、ペット同伴で働ける環境作りや、社内でのペットイベント開催に加えて、ペット急病時の休暇制度およびペットの「忌引」休暇制度もすでに導入されています。そこに「動物病院・ドッグサロン利用料の割引」が加わることとなります。

ペットにまつわる休暇制度は、アイペット損害保険会社ユニ・チャーム株式会社など、複数の企業で導入されていますが、動物病院の割引という形での福利厚生も、今後広がっていく可能性を感じさせます。飼い猫にやさしい会社には、人材が集まるようになるとの好例になることを、一方的に祈る次第です。

シロップ、社員犬・社員猫のための福利厚生施策を導入/株式会社シロップ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です