2016年5月2日

しっぽの飛び出た鯉のぼり、風は無くともゆらゆら泳ぐ


160501catkoinobori

屋内でも、風が無くとも自律的に泳ぐ、ニュータイプの鯉のぼりが観測されました。

屋根より高いところで風に吹かれるのが、鯉のぼりの役目ですが、畳の上でも泳げることが判明いたしました。必要なのは鯉のぼり、そして好奇心旺盛な猫たちです。

泳ぐというよりは、釣り上げられて陸地でのたうち回ると表現した方が的確な気もしますが、なにより、中に入った猫も、鯉の口から覗き見る猫も、周囲を取り巻く猫たちも楽しそうであります。風に吹き流されて子どもの健康を祈る以外に、猫のストレス発散という新たな使い道が誕生した瞬間でありました。端午の節句が終わったら、試してみてもよさそうです。

鯉のぼりに入って遊ぶ猫達 Plaything consisting of a small model of a carp streamer that cats can play inside of/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です