2016年1月9日

いくらなんでもそれは遠すぎ、怪しい物体手招きする猫


160107dowsingcat

「どうした八っつあん、何をしている」
「いえね、ご隠居、柿右衛門の皿は舐め飽きまして、自活しようと。それで、かんかんのうの練習を」
「お前ねぇ、かんかんのう踊らされたら死んじゃってるよ」

そんな会話を妄想させる、2匹の猫のほのぼの動画。吊るされた怪しいサムシングを捕まえようとしているのか、手招きする猫と、それを見守る猫であります。

招く努力は感心ですが、いかんせん距離が遠すぎるのはご愛嬌。あとからやってきた相方も、「何やってるの?」といった感じの怪訝な表情でその行動を見つめています。冒頭の掛け合いがイマイチよくわからないかたは、落語の「猫の皿」と「らくだ」のあらすじを検索いただければ幸いです。

Cat trying to catch something dangling too far away/YouTube via Tastefully Offensive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です