忘れたくない猫の鳴き声を形で残せる、メモリアムアイテム


R-Parker.(アールパーカー)」は、音のデータを波形に変換して、デザインした「唯一無二のメモリアルアイテム」。例えば、愛猫の「ゴロゴロゴロゴロゴロ」とか「ニャー」といった鳴き声を、アイテムとして残したいというニーズに応える一品であります。

注文方法は、「R-Parker.」のサイトから会員登録後、波形にしたい音声データをアップロード。シンプルな波形のみにするもよし、猫写真をあしらったデザインにするもよし。オプションを選んだり、リクエストを出したりと…、オーダーメイドで制作してくれます。「テクスチャ背景」&「ワンちゃん、ネコちゃんなどの画像」&「額装」がセットになったパッケージプラン「R+」もあります。

波形を見て、懐かしみながら、脳内でその音を上手に思い出すわけですね。波形を見ているだけでは、耳に聞こえる音は出ませんが、オプションでQRコードをつけると、波形の元となった音をストリーミング再生できるとのこと。ストリーミングでの保存期間は1年間となっています。

気になるお値段は、ベースプラン(シンプルデザイン&データ納品)で10800円から。

猫の鳴き声のほか、オギャーとかワオーンといった音や、楽器の音も波形にしてくれます。誰もがきっと持っている忘れたくない音を、形にしてあげたいときに好適なアイテムかと。詳細はネタ元リンクからどうぞ。

R-Parker./読者投稿]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です