2022年7月10日

英国の議事堂内に棲まう猫、下院議長と一緒に執務

Advertisements
Ad
220709Cat 1024x710 - 英国の議事堂内に棲まう猫、下院議長と一緒に執務
Ad

国家公式公認設定であります。

首相官邸でネズミ獲りを行う猫のラリーに代表されるように、猫を公務員に任命するイギリス仕草がアップデートされた模様です。

2019年に「引きずられながら議長席に連れ出される」という恒例のイギリス仕草によって下院議長へ就任した、サー・リンジー・ホイル氏の飼い猫として、生後4カ月になる雄猫・アトリーが英国議会に住まうようになったのは今年6月のこと。議長席で猫を抱き上げる議長の写真がアップされた、アトリー公式Instagramが話題となり、embedしたテレ東BIZの動画をはじめ、各国で報道されております。

スポンサードリンク

公式Instagramには、ホイル氏に抱かれたり、お休み中の議事堂を闊歩したり、警備の警察官に抱かれたり、サッチャー元首相の銅像前を探検したりするアトリーの姿がアップされておりまして、政権批判にもウイットに富んだユーモアを忘れないイギリス仕草がにじみ出る、厳しい論戦の場における心理的安全性を保持する空気を醸し出す重大な任務を担っている様子がうかがえる次第です。永田町界隈にもやはり猫が必要なのではないでしょうか。

@attlee_the_speakers_cat_/Instagram via YouTube

Advertisements
author - 英国の議事堂内に棲まう猫、下院議長と一緒に執務

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。