2021年2月14日

お手製の緑の皮の猫餃子、おいしさのコツは愛情と手早さ

Advertisements
Ad
210213cat 1024x538 - お手製の緑の皮の猫餃子、おいしさのコツは愛情と手早さ
Ad

食べられないけど食べたくなるなる猫餃子。

水餃子焼き餃子蒸し餃子揚げ餃子の餃子四天王の一角に食い込む可能性を感じられる餃子動画をご覧あれ。

用意するものは、適度なサイズと柔らかさのブランケットを1枚、そして餡となる猫を1匹。あとは、ブランケットを敷いて猫を中央に置き、手に水をつけずに手早く包めば完成です。ポイントは、なんだか良く分かっていないうちにパパッと作り上げてしまうこと。餡となったぎゅうちゃんの様子からも、餃子になったと気付かれるまでの間が勝負だと分かります。

スポンサードリンク

料理は愛情とスピードが大切ということで、結城貢先生の心で平野レミさんの勢いで仕上げるよう心がけていただけると美味しい猫餃子になるかと思います。

【超簡単!】ねこ餃子の作り方!~How to make packaged cute kittens!~/YouTube]

Advertisements
author - お手製の緑の皮の猫餃子、おいしさのコツは愛情と手早さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です