2020年7月30日

ロングキャットの中のロングキャット、体長世界一は120cmのメインクーン


200729cat 600x318 - ロングキャットの中のロングキャット、体長世界一は120cmのメインクーン

体長=頭胴長ですので、頭の先からシッポの付け根までの長さが120cmになります。

シッポも含めた長さの全長120cmの猫や、前脚もぐーっと伸ばしてシッポもピーンと伸ばした長さが120cmの猫はときおり見かけられますが、世界レベルはそんな小細工も圧倒する大きさであります。2018年にギネスに認定された、生存中の最大の体長を誇る、メインクーンのBARIVEL君の姿を動画でご覧あれ。

イタリアはロンバルディア州パヴィーア県の都市・ビジェバノ在住の4人家族(+猫2匹)とともに暮らすBARIVEL君。お母さんに抱えられるサイズからも大きさは伝わって参りますが、公式Instagramにアップされている、1.5リットルペットボトルと並んだ写真とか、同居するメインクーンと比べて明らかに一回り大きい写真とか、キャットタワーの頂上に佇むアンバランス感などを合わせてご覧いただくと、そのサイズの異次元さがよりよく感じられます。

ギネス公式動画でのインタビューを見ても、一家の末っ子の弟君よりも明らかに大きく、存在感を強く発揮しております。しかし、動きや表情はやんちゃ盛りの2歳の猫そのもの。

ちなみに、過去最高の体長記録を持つ猫は、2012年にギネス認定されたStewie君で123cm一般的には、メインクーンは4歳頃まで成長するとのことで、現在の大きさが気になるところであります。

【長さ120センチ!】最も長い猫、バリベル|ギネス世界記録/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です