2019年11月10日

階段に落ちる手前で赤子を確保、猫がダッシュで爪掛け救出


階段に落ちる手前で赤子を確保、猫がダッシュで爪掛け救出

体を張って赤子を救った、猫の名はGatubela(ガツベラ)です。

イギリスのニュースサイトMetro.co.ukが現地時間の7日に報じたところによりますと、コロンビアの首都・ボゴタ在住のDiana Lorena Álvarezさんの息子で1歳のSamuel León君が、階段に転げ落ちそうになったところを、飼い猫でシャムのGatubelaが身を挺して落下を防いだというのであります。

発覚の次第は、母のDianaさんが「うちの息子は夜中にベッドを抜け出しているんだけど、どうやってんのかしら」と、監視カメラで当日の未明の録画映像を見たところ、その一部始終が録画されていたとのこと。その映像は、DianaさんによってAdopción de gatos en la Fundación Bogotá(ボゴタの猫里親財団)のFacebookページに投稿されまして、世界各地の猫ニュース界隈に拡散中であります。それでは、Caters ClipsのYouTubeチャンネルにアップされました、その動画をご覧あれ。

時刻はAM4:50ごろに起き出して、ハイハイをしだした早起きのSamuel君。その様子をソファの上から眺めるGatubelaの姿が確認できます。ソファのGatubelaに手を出して挨拶したと思ったら、高速ハイハイで一気に画面の下の方へ。見切れた先はなんと下りの階段。赤子をお持ちの皆様はお分かりかと思いますが、あっと思った瞬間にすげー速度で移動しててヒヤリとした記憶が甦る状況であります。

まさに赤子が見切れようとした、その刹那。猛然とダッシュしたGatubelaが、赤子の背中を爪で捉え、引き戻したのであります。さらに、再び階段へと向かわないよう、赤子と階段の間に割って入り前脚を伸ばして、身を挺して留めるGatubela。ちゃんとSamuelが引き返すまで、その場を離れずに見守る姿に、世界各国の猫界隈から賞賛が集まっております。

猫ジャーナルとしてもそれに追随する形で、最大限の賞賛を表したいと思う次第です。犬の襲撃から子供を救ったタラや、凍死の危機から子供を救ったマーシャとともに、21世紀の三大猫ヒーローに数えられること間違いなしであります。

Dianaさんの投稿には、動画とともに、黒鼻を掲げて凛々しい表情のGatubelaの写真と、落ちそうになった階段の写真もアップされておりますので、合わせてご覧になり拝んでいただければと思います。

Cat Saves Toddler From Falling Down Stairs/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です