2018年12月2日

持ち上げて下から横から眺め放題、ガラスボウルで猫を観察


「カレーは飲み物」と同じ間隔で、「猫は流体」と世界の中心で叫びたくなる映像です。

世界の中心で愛が叫ばれたのはもう17年も前で、映画になってたのは14年前という事実に耳を貸さず、前を向いて歩いて行きたい今日このごろ。時には前を向くのをお休みして、ボウルに入った猫を下から横から眺めてみてはどうでしょう。

空いた段ボールといい、謎のサークルといい、空いているところにはとりあえず入る猫の習性を利用して、床に置きたる透明なガラスのボウルに流れ込む茶縞猫。ボウルの容量を超えてもこぼれ落ちない、力強い表面張力を有するワガママボディを収めるのに、ちょうどいいようで、黒猫が様子を見に来ても謙る気配はナッシング。

飼い主さんにはボウルごと持ち上げられて、凝縮したボディは全世界に披露されることとなりました。我が家の猫の凝縮ボディも公開したくなって参りますな。

A Cat and his Super Bowl/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です