2018年10月7日

北の大地の「ゆきねこ」「かべねこ」写真展、どうしん本社で23日から開催


「試される大地」のキャッチコピーから早いもので、すでに20年。試されていたのは当時就活生だったアラフォー世代だったと気づく今日このごろですが、そんなことには目を瞑り耳を押さえつつ、猫の話題です。

北海道の深部を伝え続ける北海道新聞社刊行の猫写真集『ゆきねこ』『かべねこ』の発売記念写真展が札幌にて開催されるとのことであります。


北海道内を中心に外猫の撮影活動をされている吉田裕吏洋さんが本年7月に上梓された、寒さの厳しい環境で、目立たぬようにひっそりと肩を寄せ合い、しなやかに生きている猫たちを記録した、2冊の猫写真集。雪の中でもたくましく、壁をキャンバスにしたかのごとく風景に溶け込む猫たちの姿を堪能できる写真をじっと見つめておりますと、猫への愛おしさが益々募る次第です。

写真集『ゆきねこ』『かべねこ』発売記念写真展の会場は、北海道新聞社・札幌本社社屋1Fにあります「道新プラザDO-BOX」で、会期は10月23日(火)〜10月28日(日)、開催時間は10時から19時まで。最終日のみ16時までとなっております。おサイフに優しい入場無料の写真展ですので、猫写真を見た後は、地元で買い物をして地域経済に貢献するのが、地震の影響で観光客の出足が鈍っている北海道支援にもっとも効果的かと思われます。

写真集「ゆきねこ」「かべねこ」発売記念写真展/北海道新聞社]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です