2018年5月27日

ご飯に掛け出す猫の小走り、4週間おき定点観測


小走りの撮影続けて52週、約1年を2分に凝縮であります。

猫の成長はあっという間であり、尚かつ、人間のカメラ熱が過ぎ去るのもあっという間であります。単調は仕事は機械に任せるのがベストアンサーということで、猫の成長を記録するメソッドとして、4週間ごとの定点観測事例をご紹介いたしましょう。

部屋の奥の暗がりから、駆け来たる子猫は12週齢。体がまだ軽いせいか、ピョンコピョンコと跳ねながら、目指すはご飯のあのお皿。そのあとは、4週齢ごとに成長した姿を、ほぼ同じアングルで撮りためて1本にまとめたこの映像。一ランごとに体躯は成長、床を踏みしめる足取りもしっかりと頼もしくなっていくのがよく分かります。最後のほうでは、華麗な映像合成により、2.6ポンド(約1.2キロ)だった12週の子猫と、52週で11ポンド(約5.0キロ)になった52週の子猫が共演。我が家の猫も、今からご飯シーンを撮りためて、真似したくなる素敵なアイデアであります。

Kitten Time Lapse – 1 Year in 2 Minutes!/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です