猫一色の『建築知識』2月号、今度のテーマは猫が長生きする住まい


an・anのアレ特集のように、毎回売れまくって毎年の定例行事と化すことを祈っております。

昨年、1月号で猫特集をぶち上げ、9月には内容増強単行本化を成し遂げた、エクスナレッジが発刊する月刊建築雑誌『建築知識』が、また猫特集を送り込んできました。今度のテーマは「20歳までネコが元気に長生きできる住まい」ということで、たった20文字のキャッチコピーを読み終える間もなく、我が猫の顔を思い浮かべ涙ながらにワンクリック注文をポチッとしてしまいかねない、猫飼い主の心の脆弱性を突いたものとなっております。

昨年の1月号を購入して拝見した際に感嘆した、猫目線および猫飼い主目線に家づくりの専門家の知見を融合させた見事な才能の無駄遣いは、今号でも健在です。上記の1見開きを見るだけでも、キッチンから猫を遠ざけるべき理由であるとか、人間の生活の利便性をなるべく損なわずに猫の健康を守るため、建築のプロが提案する具体的なアイデアが詰まった一冊となっております。例によって、公式ページから試し読み用PDFがダウンロードできますので、こちらでチェックいただきましてから、購入するかどうか、猫に聞いてみるのがよろしかろうと思われます。ちなみに、建築基準法を擬人化しちゃって話題になった昨年の12月号も個人的にオススメです。

建築知識2018年2月号/エクスナレッジ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です