2017年12月27日

演奏中止を使命にする猫、フルート吹いたら押さえにかかり


たった100秒の動画ですが、使命感がヒシヒシと伝わってきます。

楽器の演奏を全力で止める猫シリーズ、今回はフルートであります。「音を出しているのはココだな!」と勘所の良さを発揮して、口元を狙ってくる猫の姿をご覧ください。

動画をアップしたsharpiixさんが、演奏開始から約10秒で、さっそく飼い猫さんが画面に登場。狙うは音源の総本山、口元であります。どかされても、やっぱり口元を目がけて突撃。運指に気を取られる場面もありますが、ほぼ一貫して口を狙ってアタックしております。そんな金属棒ではなく、私の方に口づけろ、と言っているようでもありますな。そう考えながら動画を再度見直すと、微笑ましい度合いが高まりますのでお試しあれ。

The struggle of cats and flutes!/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です