石膏ボードに固定ができる、デザイナーズのキャットシェルフ


炎観賞に適した薪ストーブを手がけていることで、延々と暖炉動画を見続けられる私のようなクラスタからの支持が厚いと思われる、金属加工メーカーのカツデンアーキテックから、猫向けの新製品シリーズが出たとの情報が届きました。その名は「NeconoMa」シリーズ。第一弾として世に出ますのは、家をイメージした「House」であります。

大きな特徴は、猫が寛ぐスペースを確保しながら、石膏ボードに固定するだけで10kgの静荷重に堪えられる設計になっている点です。DIYでも設置可能で、購入後にすぐ猫に使ってもらえるとのこと。ただし、2匹以上でのご利用は10kgを超えた過重がかかると思われます。「予め壁に下地補強をご準備ください」との注意書きがありますので、お見逃しなきようご留意ください。

複数の「House」を設置して、段違いにしたり、横に並べたりすると、猫が遊び寛ぐスペースが壁の上に誕生。シンプルながら猫が遊びやすい空間となったデザインは、スペインのデザイン事務所Alegre Designの手によるものです。

「House」には2種類ありまして、写真上の「タイプA」が、幅1050mm×高さ480mm×奥行き350mm。写真右下の「タイプB」が幅825mm×高さ438mm×奥行き350mm。カラーはタイプ毎に1種類で、耐荷重(静荷重)は約10kgとなっています。気になるお値段は、各タイプとも、税抜き69,500円。送料や施行などの諸経費は別途となります。資料請求や購入情報については、ネタ元リンクをご覧ください。

NeconoMa/カツデンアーキテック]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です