2017年11月11日

飼い主の死んだふりにやや驚く猫、心配顔でカメラに訴える


これは、飼い主冥利に尽きるリアクションであります。

猫の前で死んだふりする飼い主の、そのほとんどは、見向きもされず、結局自ら起き上がるのが定番ではありますが、稀に慈悲深い猫を見ると、その感動はひとしおなのであります。喜びの笑いを堪える感覚を、ぜひ追体験いただければ幸いです。

「うっ、あー、あーーーっ」と、わかりやすすぎる三文芝居でベッドにバタンと倒れた飼い主さん。その衝撃音に驚いてビクッと反応する猫。てっきりそのまま動かずに立ち去るのかと思いきや、そろりそろりと足元に近づき、ヒラリと太ももの上に跳び乗り、乗らなくてもいい背中に乗り、生存を確認するかのように、心配顔で飼い主の口元をチェックしております。一応生きているのを確認したのか、おもむろに座り直して仁王立ち。そんなことしてないで、早くなんとかしろ、と言わんばかりの眼差しでカメラを凝視。普段の行いはこういうところにも現れるのでしょうか。襟を正して猫と接していきたいと思います。

How my cat react when I feaking death/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です