地域猫保護活動へ売上を寄付する、猫ポエム絵はがきプロジェクト



CAMPFIREにて、パトロン募集中です。

詩人で作家、かつフリーアナウンサーでもある、草間小鳥子さんによる、日本各地の地域猫保護活動を支援するプロジェクト「アートの力で野良猫を守ろう!詩人による『ポエム絵はがき』プロジェクト」が、6月20日を締切として、支援を募っています。

プロジェクトページによると、

詩の力で「地域猫」の認知を広げたい!
ポエム絵はがき(オリジナルポストカード)を作成し、各地イベント会場やオンラインストア、セレクトショップなどで販売。売り上げは地域猫保護団体(※下記参照)へ寄付します。

とのことで、横浜市猫との暮らしを考える協議会NPO法人キャットガーディアンfreepets一般財団法人動物環境・福祉協会Evaなどへ、ポエム絵はがきの売上を寄付するとのこと。

支援額は500円から30000円の8種類で、それぞれ、金額に応じたアイテムが支援者へ届きます。ちなみに、500円ですと3種類あるポエム絵はがきのうち、いずれか2種類とオリジナルポストカード1枚です。ポエム絵はがきのサンプル画像は、プロジェクトページにて紹介されておりますので、ご覧あれ。

我が家の猫さんも、保護団体出身ですので、ぜひとも成功を願っております。

アートの力で野良猫を守ろう!詩人による「ポエム絵はがき」プロジェクト/CAMPFIRE]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です