2017年7月15日

隣り合い転んで伸びて重なって、十匹十色の眠り猫たち




離れたところで、シンクロしてたり。

歌川国芳の「みかけハこハゐが とんだいゝ人だ」をリアルにやるとこうなるらしいんですが、歌川芳藤の「子猫寄り集まって親猫になる」を実写化するとこうなるんではないでしょうか。そんな妄想を頭によぎらせる、10匹の猫寝相動画をお楽しみください。

自由に動きつつも互いに離れない、スライムのごとき流体のような10匹の猫。こうしてまとめて眺めてみますと、同じカーペットの上ながら、それぞれに個性豊かな寝相であります。そしてミステリーニャークルか、はたまたはストーンニャンジというべきか、じっと見つめていると何か意味のある模様に見えてしまうのは、人間の脳髄の性でしょうか。平仮名の「み」に見えてきたり、プレートに動かされつつあるパンゲア大陸に見えてきたり。脳の妄想力の赴くままに、ゲシュタルト崩壊していただければ幸いです。妄想力が高すぎて何かが見えてしまった方は、こっそりとコメントにてお寄せください。

集まって寝る猫たち/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です