猫の雄の一部を拡大すると、トゲトゲだらけだった件について



※トゲトゲすぎるため、TOP写真は平和な画像にしてあります。

よく知られていることではありますが、まじまじと見ると、結構すごいですよ。

『ネコの繁殖と保育を知る本』(モンキーブックス刊・初版は昭和62年発行)の記述によると…

ネコは交尾刺激を受けて排卵する(18頁)
ネコやウサギ、ミンクなど一部の哺乳動物では卵胞が成熟しても排卵せず、オスとの交配を待って、つまり交尾刺激を受けてはじめて排卵が起こるのです。それでは交尾しなかったメスの成熟卵胞はどうなるのかというと、発情期が終わるとやがて萎縮し消滅してしまうのです。
(中略)
つまりネコの繁殖は、発情期中に交尾しさえすれば、その刺激でメスは排卵するので多少2~3日交配日がずれても関係なく、妊娠することができるものです。

(via 四畳半の住人

とのことで、排卵を誘発する刺激を与えるために、雄のあの場所にトゲトゲが付いていると考えられています。検索するといくつかでてきますが、さらに詳細な解説とリアルな解説動画がYouTubeにありましたので、ご覧あれ。ナショナルジオグラフィックチャンネルの番組ですね。

Barbed Cat Penis[YouTube via ザイーガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です