2020年11月28日

本日の美人猫vol.398

Advertisements
Ad
201127cat 1024x683 - 本日の美人猫vol.398
Ad

縦半分でも美しいなら、横半分でもやっぱり。

猫はどこまで美しいのかという問いに対する思考実験パート3。鼻から下が隠されていてもやっぱり美しい、本日のタビー柄の美人猫。

スポンサードリンク

鼻の隠れたブランケットを覗いてみれば、小さな鼻の穴から間歇的に吹きすさぶ鼻息にケットの白い毛先がゆらゆらと動き、猫の真面目な顔との対比に微笑ましい情景が目に映ることでしょう。獲物を狙う爪先はキュッと握られ、シッポはピクピクと飛び上がって後ろ脚が伸びるタイミングを測っているはず。懸命に猫の本能にしがたう様は、疑いようもなく美しいのであります。たとえ見えなくとも。

[Photo by Ria Taylor on Unsplash]

Advertisements
author - 本日の美人猫vol.398

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です