2019年5月16日

二の腕を空けて飼い主スタンバイ、猫は飛び込む胸の中へと


190515cat 600x318 - 二の腕を空けて飼い主スタンバイ、猫は飛び込む胸の中へと

着地点は少々ずれましたが、この誤差なら、はやぶさ2の着地精度と遜色ないレベルなんではないでしょうか。

3億km離れた小惑星リュウグウの表面の、目標地点にピンポイントでタッチダウンできるまでに進化した技術力を持ってしても、猫の行動をコントロールするのは至難の業であります。だからこそ、たまに互いの心が通じ合ったときの、フィット感は半端ないわけで。

テーブルの端で、発射スタンバイ茶白猫の名はCalvin君。到達目標地点は、3〜4mほど離れた飼い主さんの肩の上。打上げウインドウの時間帯を確認する間もなく、静音性の高い後ろ脚エンジンは超高速カウントダウンとともに一気に点火。到達高度は約1.5m、燃焼時間は約9秒で目標地点に到達であります。当初想定されておりました終着点・飼い主の肩から胸への変更については、エンジンに搭載された猫工知能による瞬時の判断と推察されます。リピート再生にて、その美しい放物線をご堪能くださいませ。

Cat Takes a Huge Leap Into Owner’s Arms – 1039389/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です