2019年1月2日

新しき年の門出を祝う箏の音、猫は奏でるその牙で


琴柱があるので、箏ですね。箏と琴(きん)との区別については辞書を参考いただくとして、猫家元の即興演奏をご覧ください。

猫のくるるが見つけたのは、家主のものと思しきの箏。箱があれば入ってみたい、袋があれば入ってみたい、その気持ちと同じように、弦が張ってあればその張り具合と音程を確かめてみたいのは、猫であれば道理というものでありましょうか。ジミヘンは飼い猫が牙で弦を弾く様子を見て、歯ギターを思いついたとかなんとかというフェイクニュースが生まれそうな演奏であります。

もしかしたら、箏の形状をした猫オモチャがあってもいいんではないかと思わせる演奏でしたので、猫玩具メーカーもしくは楽器メーカーの皆様にインスピレーションを与えられたらと一方的に願う次第であります。

琴を演奏する猫(くるる)!/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です