2018年9月8日

本日の美人猫vol.283


どこにでも、いそうでいない、うちの猫。世界でいちばん、ナギサかわいや。

本日の投稿美人猫は、真白なマンチカンのナギサちゃん。耳元に色づいた薄いカフェオレ色は、神様がこの子を作り給うたときに口にしていたカップから、ちょっとこぼしちゃった幸運の印でありましょうか。凛々しきお顔にあふれる自信。生まれながらの愛され顔であります。投稿いただきました、宇治金時さんからのコメントは以下にて。

大人の猫に見えるけれど、実はまだ生後3ヶ月の子猫ちゃん。外の景色を見るのが大好きで、夏の暑い日も窓際に寝そべって空を見あげています。

すっかり大人の表情でありますが、どことなく、あどけなさも残るナギサちゃん。3ヶ月でこの成熟度ということは、大人猫になっても、小さかったころの面影や記憶がすぐに思い出されるわけで、「ああ、滅茶苦茶暑かった夏も、あそこの窓際に寝そべってたなぁ。同じ顔で」などと愛でる未来が待っているのであります。宇治金時さんには、末永くナギサちゃんの側にいてその美貌を愛でていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です