2016年7月11日

当たらぬ届かぬ猫キック、波動で倒す達人の技




160710kickcat

ご覧いただけるでしょうか、繰り出すキックと白猫との間の波動を。

YouTubeのタイトル「隔山打貓」とは、元の四字熟語「隔山打牛」のもじりでして、その字の意味するごとく、山を隔てて牛を打つということで、表面のガラスを壊さずにタブレットの液晶を壊すとか、こういう昨年流行った写真のような事象を指すようです。そんな中国四千年の何かをどこかから受け継いだ、老師猫の動画を見つけました。

全身のバネを使って繰り出される高速猫キック。受ける白猫もかなりの手練と見えて、まったく動じる様子がありません。しかし、これはプロローグに過ぎませんでした。一頻り、キックを繰り出し終え最後の最後にちょこんと足先で触れると、コテンと後方へ崩れ落ちる白猫。白猫の表情から察するに、あのキックは催眠誘発の奥義だったのかもしれません。

隔山打貓/YouTube]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です