猫の顔見りゃオスメスわかる、獣医師教える4つのポイント




160127cats

これはいいサンプル写真であります。

三毛猫のように、毛色によって雌雄がすぐわかる猫もいますが(ごく稀に例外もあります)、体躯や顔の印象は猫それぞれ。猫と長く関わっている方は、なんとな〜く「この猫は、雄っぽい」「これは雌だ」と見分ける感覚をお持ちかもしれませんが、猫の顔の特徴から合理的に雌雄の別を見分けられる方法を、猫専門動物病院の獣医師さんのブログ「nekopedia」にて見つけましたので、ご紹介するといたしましょう。ネタ元によると、成猫の雄と雌を見分けるポイントは以下の4点。

その1:頬の大きさ(横幅)
その2:ウィスカーパッド(ひげ袋)の大きさ
その3:鼻の大きさ(鼻筋の幅)
その4:顔に対する目の大きさ(目が占める割合)

ちょうど、上にある三毛猫と茶猫の写真をサンプルとして、上記の4点を比べてみると、確かに三毛猫は雌っぽい顔で、茶猫は雄っぽい顔だと区別が付きます。写真の解説を確認すると、やはり三毛=雌、茶=雄でした。

このポイントを知ると、道行く猫や、タイムラインを流れゆく猫写真を見るに付けて、初生雛鑑別師のような目つきで脳内仕訳を行う楽しみが増え、猫の顔を眺める楽しみがまたひとつ増えることと思います。また、子猫の雌雄を見分けるコツも紹介されていましたので、合わせてご覧ください。

猫のオスとメスの見分けるコツ〜成猫編〜/nekopedia]
[Photo by Dakiny

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です