2016年1月18日

猫カフェ誕生の地・台湾に、猫好き総統が誕生




160117xiangxiang

猫カフェ誕生の地・台湾で、先日16日に行われた総統選挙において、自らを猫耳付き萌えキャラへと変容せしむるパフォーマンスを見せた、最大野党・民進党の蔡英文氏が、与党・国民党の朱立倫氏を破り、台湾初の女性総統が誕生する運びとなりました。

蔡氏のプロフィールなどはこちらを参照いただくとして、猫ジャーナルとしての注目どころは、自ら2匹の猫を飼う、猫好きさんだという点であります。昨年2015年の年頭記者会見動画に登場した、蔡氏と飼い猫の「想想」の動画を発見しましたので、ご覧いただきましょう。

報道陣にやや警戒しながら、蔡氏のオフィスを気ままに歩き回る「想想」のオフショット動画。台湾東部の花蓮出身の野良猫だったそうです。メディアに掲載された動画はこちらから。

蔡氏のところには、もう一匹「阿才」ちゃんという茶縞猫も。こちらは、2015年6月末に、台東縣の桃園(巴喜告)部落という場所の、パイナップル畑で蔡氏と出会った猫だったとか。その後、台北の蔡氏の家に家族として迎えられたそうです。じゃれる2匹の様子は、公式Facebookにもアップされています。

打打鬧鬧、時好時壞,蔡想想和蔡阿才應該也算是一對「喵情人」。

Posted by 蔡英文 Tsai Ing-wen on 2015年8月20日

蔡氏のFacebookには、ちょこちょこ猫写真が散見されますので、合わせてご覧あれ。また、先般の選挙においては、「想想」と「阿才」を模したぬいぐるみと一緒に「動物保護綱領」を打ち出しています。内容は、

  • 「動物保護専門の人材拡充および専門のチームを設立」
  • 「ペット登録制と、飼い主への教育制度の実現」
  • 「犬猫の去勢・避妊および、TNVR活動(日本でいうところの地域猫活動)への補助」
  • 「ペット購買より譲渡を推進するとともに、仕事をする犬(牧羊犬や盲導犬)を増やす活動を広げる」
  • 「公立および民間の動物保護シェルターの環境向上」
  • 「繁殖についての指導を強化し、違法な繁殖を行うところは厳格に取り締まる」
  • 「動物の命を大切にする教育の推進」

となっていまして、今後就任する猫好き総統および新政権の主導する動物愛護政策に、一方的に注目していきたいと思っております。

民進黨主席蔡英文與愛貓「蔡想想」合拍拜年照片花絮/YouTube via ETtoday


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です