2015年3月10日

薄型の新MacBookが話題ですが、たまには猫が乗れたiMacを思い出してあげてください



今回の発表では、薄くも、新しくもならなかった、iMac。そして、まだ猫が乗れた時代のことも、たまには思い出してあげてください。

薄くなった!軽くなった!Retinaになった!感圧になった!ポートが消えた!と一部クラスタには話題沸騰の、新型MacBook、マイナーチェンジとなったMacBook Air、そしてMacBook Pro 13インチの発表をよそに、そのままの姿で佇む、iMac。現行モデルの最薄幅はわずか5mmと、すでに猫が乗るには薄すぎるのですが、それ以前の、まだ猫が乗れたころのiMacに、おぼつかない足取りで、果敢にくつろごうとする黒猫動画を見つけましたので、この機に乗じて紹介したいと思います。

現行モデルのiMacに猫が乗るには、横倒しにするしかありません。このころは、ディスプレイの上に乗る猫を見ながらMacで作業ができたわけですね。「電話のダイヤルを回す」「テレビのチャンネルを回す」「巻き戻し」「電話番号を覚える」などと同様に、「テレビの上に乗る猫」「iMacの上に乗る猫」といった言い回しも、いま正に消えゆかんとする過渡期でありまして、ある意味では、貴重な史料となりうる動画かと思われます。

薄型MacBook発売に伴う、閉じた新MacBook上に丸まって眠る猫を乗せたまま運ぶ「MacBook猫トレイ化動画」の登場と投稿を願いつつ、新MacBookの色選び脳内検討会議に戻ります。

iMac Cat funny Panthy kitten sitting on iMac – Schmusy & Panthy Cat/YouTube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です