猫と建築の幸せな関係を語る、フォトエッセーが発売に




以前猫ジャーナルで、一軒丸ごと猫空間として、心のよだれを垂らしながら紹介した「猫の家」を手がけられた、神戸の一級建築士かつ一級愛玩動物飼育管理士である廣瀬慶二さんから、新刊情報を頂戴しました。6月26日に幻冬舎から刊行される『へぐりさんちは猫の家』であります。

ご本人のツイートによると、

「猫と建築の幸せな関係を見せるフォトエッセー」とのことで、猫好きがほんわかと眺めるのはもちろん、猫と共に暮らす人が調度選びや家造りのヒントを見つけるのにも、よろしいかと存じます。我が家の猫も、外を眺めたり、遠い物音を聞きながら、うたた寝するのを日課にしている様子なので、記事TOPで紹介したページの一節は、うんうんと首肯せざるを得ません。

表紙はこんな感じ。表紙を見るだけでも、すでにほんわかとしてしまいますな。

お値段は、1296円。Amazonで絶賛予約受付中です。

へぐりさんちは猫の家/Amazon]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です