2016年2月8日

台南地震の倒壊現場で、猫の鳴き声子どもを救う




160207cat

台湾のudn.com(聯合新聞網)が伝えるところよりますと、2月6日早朝に発生した、台湾南部の高雄市を震源とするM6.4の地震で、台南市永康區にある16階建てのビルが倒壊した現場にて、猫の鳴き声によって救助隊が導かれ、猫と飼い主である7歳の男の子を救出したとのことです。現地報道の動画は以下から。

記事によると

消防隊員表示,在搜救過程中,一直聽到貓叫聲,找到一隻公貓趴在窗框,裡面還有一個小男生

とありまして、消防隊員が救助作業中に猫の鳴き声を聞き、窓枠に横たわる猫を発見。その奥に、男の子もいたとのこと。救出されたオスの茶縞猫の名は「喵喵」(訳すならニャーニャでしょうか)。飼い主の男の子の父に抱かれて、憔悴した様子ですが、命には別状がないようです。「喵喵」に続いて7歳の男の子も救出されたそうです。

地震発生から3日目を迎えますが、倒壊したビルのなかにはまだ多くの住人が取り残されている模様で、一秒でも早く多くの方々が救われることを祈る次第であります。日本でも、今回の台南地震への義捐金受付がYahoo!基金などで行われていますので、ご活用いただければ幸いです。

忠貓喵喵守小主人 救難人員尋獲七歲男童/聯合新聞網]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です