2015年10月2日

打ち続く甘え攻撃繰り出す子猫、顔に擦り寄り目を細め




キスをいやがる猫もいれば、自ら唇を奪いにいく猫もいるわけです。

唇の持ち主がお姉さんだからか、はたまたそれが理由ではないのかは、定かではありませんが、頭スリスリ、前脚モミモミ、マズルスリスリなどなど、甘えの限りを尽くしている茶白猫さんであります。

自らの胸に猫を抱き、繰り出される肉球攻撃に、辟易としているように見えますが、実は違います。猫飼い主にとっては、このようなことは日常茶飯事。なんでもないような日常となった子猫とのじゃれ合いに、慣れながらも静かな楽しみを感じているのではなかろうかと。人間が猫のモフ毛に顔を埋め、この茶白猫のような顔をしているとき、猫はきっと、このお姉さんのような顔に違いないのです。

Kitten Cuddles/YouTube]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です