2015年11月5日

猫の日本史:源氏物語に記された、猫デレ天皇譚の残欠




前回からかなり間が空いてしまいましたが、淡々と続きます。

前回は「うちの御ねこ」、つまり猫デレ日記の萌芽と見られる寛平御記が、源氏物語の注釈書『河海抄』に引用されたところまで調べました。みなさまお察しの通り、この次に気になるのは「『河海抄』の註釈は、源氏物語のどこに対する註釈か」であります。答えは前回参照した史料にあるとおり「若菜下」でしたので、さっそくその該当箇所を見ていきましょう。

ちなみに、Web上で見つかる源氏の資料としては、猫が登場する古今東西の書物の書評をまとめたこちらのサイトや、原文・現代語訳を対照表示できる「源氏物語の世界 再編集版」などがあります。後者は、高千穂大学名誉教授の渋谷栄一氏が制作された「源氏物語の世界」をWebでの閲覧便宜を図るために再編集したものです。引用・加工の制限なく公開されている源氏物語のテキストでしたので、こちらを使用して源氏物語に描かれた猫の姿を追うことにしました。

若菜下の「猫」の記述は、巻の冒頭にあります。

「かのありし猫をだに、得てしがな。思ふこと語らふべくはあらねど、かたはら寂しき慰めにも、なつけむ」と思ふに、もの狂ほしく、「いかでかは盗み出でむ」と、それさへぞ難きことなりける。

(訳)「あの先日の猫でも、せめて手に入れたい。思い悩んでいる気持ちを打ち明ける相手にはできないが、独り寝の寂しい慰めを紛らすよすがにも、手なづけてみよう」と思うと、気違いじみて、「どうしたら盗み出せようか」と思うが、それさえ難しいことだったのである。

(「源氏物語の世界 再編集版」若菜下【第一章 第一段】より)

 


「かのありし猫」と書いてあるところからわかるように、この猫の話は、若菜上の巻から続くお話です。ひとまず、「うちの御猫」のところまで突き進んで行くとしましょう。


 

内裏の御猫の、あまた引き連れたりけるはらからどもの、所々にあかれて、この宮にも参れるが、いとをかしげにて歩くを見るに、まづ思ひ出でらるれば、「六条の院の姫宮の御方にはべる猫こそ、いと見えぬやうなる顔して、をかしうはべしか。はつかになむ見たまへし」と啓したまへば、わざとらうたくせさせたまふ御心にて、詳しく問はせたまふ。

「唐猫の、ここのに違へるさましてなむはべりし。同じやうなるものなれど、心をかしく人馴れたるは、あやしくなつかしきものになむはべる」など、ゆかしく思さるばかり、聞こえなしたまふ。聞こし召しおきて、桐壺の御方より伝へて聞こえさせたまひければ、参らせたまへり。「げに、いとうつくしげなる猫なりけり」と、人びと興ずるを、衛門督は、「尋ねむと思したりき」と、御けしきを見おきて、日ごろ経て参りたまへり。

童なりしより、朱雀院の取り分きて思し使はせたまひしかば、御山住みに後れきこえては、またこの宮にも親しう参り、心寄せきこえたり。御琴など教へきこえたまふとて、「御猫どもあまた集ひはべりにけり。いづら、この見し人は」と尋ねて見つけたまへり。いとらうたくおぼえて、かき撫でてゐたり。宮も、「げに、をかしきさましたりけり。心なむ、まだなつきがたきは、見馴れぬ人を知るにやあらむ。ここなる猫ども、ことに劣らずかし」とのたまへば、「これは、さるわきまへ心も、をさをさはべらぬものなれど、その中にも心かしこきは、おのづから魂はべらむかし」など聞こえて、「まさるどもさぶらふめるを、これはしばし賜はり預からむ」と申したまふ。心のうちに、あながちにをこがましく、かつはおぼゆるに、これを尋ね取りて、夜もあたり近く臥せたまふ。

明け立てば、猫のかしづきをして、撫で養ひたまふ。人気遠かりし心も、いとよく馴れて、ともすれば、衣の裾にまつはれ、寄り臥し睦るるを、まめやかにうつくしと思ふ。いといたく眺めて、端近く寄り臥したまへるに、来て、「ねう、ねう」と、いとらうたげに鳴けば、かき撫でて、「うたても、すすむかな」と、ほほ笑まる。

「恋ひわぶる人のかたみと手ならせば なれよ何とて鳴く音なるらむ これも昔の契りにや」

と、顔を見つつのたまへば、いよいよらうたげに鳴くを、懐に入れて眺めゐたまへり。御達などは、「あやしく、にはかなる猫のときめくかな。かやうなるもの見入れたまはぬ御心に」と、とがめけり。宮より召すにも参らせず、取りこめて、これを語らひたまふ。

(訳)内裏の御猫が、たくさん引き連れていた仔猫たちの兄弟が、あちこちに貰われて行って、こちらの宮にも来ているのが、とてもかわいらしく動き回るのを見ると、何よりも思い出されるので、「六条院の姫宮の御方におります猫は、たいそう見たこともないような顔をしていて、かわいらしうございました。ほんのちょっと拝見しました」と申し上げなさると、猫を特におかわいがりあそばすご性分なので、詳しくお尋ねあそばす。

「唐猫で、こちらのとは違った恰好をしてございました。同じようなものですが、性質がかわいらしく人なつっこいのは、妙にかわいいものでございます」などと、興味をお持ちになるように、特にお話し申し上げなさる。お耳にお止めあそばして、桐壷の御方を介してご所望なさったので、差し上げなさった。「なるほど、たいそうかわいらしげな猫だ」と、人々が面白がるので、衛門督は、「手に入れようとお思いであった」と、お顔色で察していたので、数日して参上なさった。

子供であったころから、朱雀院が特別におかわいがりになってお召し使いあそばしていたので、御入山されて後は、やはりこの東宮にも親しく参上し、お心寄せ申し上げていた。お琴などをお教え申し上げなさるついでに、「御猫たちがたくさん集まっていますね。どうしたかな、わたしが見た人は」と探してお見つけになった。とてもかわいらしく思われて、撫でていた。東宮も、「なるほど、かわいい恰好をしているね。性質が、まだなつかないのは、人見知りをするのだろうか。ここにいる猫たちも、大して負けないがね」とおっしゃるので、「猫というものは、そのような人見知りは、普通しないものでございますが、その中でも賢い猫は、自然と性根がございますのでしょう」などとお答え申し上げて、「これより勝れている猫が何匹もございますようですから、これは暫くお預かり申しましょう」と申し上げなさる。心の中では、何とも馬鹿げた事だと、一方ではお考えになるが、この猫を手に入れて、夜もお側近くにお置きなさる。

夜が明ければ、猫の世話をして、撫でて食事をさせなさる。人になつかなかった性質も、とてもよく馴れて、ともすれば、衣服の裾にまつわりついて、側に寝そべって甘えるのを、心からかわいいと思う。とてもひどく物思いに耽って、端近くに寄り臥していらっしゃると、やって来て、「ねよう、ねよう」と、とてもかわいらしげに鳴くので、撫でて、「いやに、積極的だな」と、思わず苦笑される。

「恋いわびている人のよすがと思ってかわいがっていると どういうつもりでそんな鳴き声を立てるのか これも前世からの縁であろうか」

と、顔を見ながらおっしゃると、ますますかわいらしく鳴くので、懐に入れて物思いに耽っていらっしゃる。御達などは、「奇妙に、急に猫を寵愛なさるようになったこと。このようなものはお好きでなかったご性分なのに」と、不審がるのだった。宮から返すようにとご催促があってもお返し申さず、独り占めして、この猫を話相手にしていらっしゃる。

(「源氏物語の世界 再編集版」若菜下【第一章 第二段】)

ざっくりと猫に関するところを抜き出すと…

  • 「内裏の御猫」の兄弟猫は、あちこちの皇族(や貴族にも?)にもらわれていった
  • 東宮のもとにも、その兄弟猫がいた(唐猫ではない)
  • 六条院の姫宮(女三の宮)のもとには、唐猫がいた
  • 東宮は(他の人よりも)特に猫をかわいがる性格で、女三の宮を恋慕する柏木は「六条院の姫宮の唐猫は、珍しい顔立ちで人懐っこい」と東宮が唐猫に興味を持つよう話を向けた
  • 六条院の姫宮(女三の宮)のところにいた唐猫は、桐壷の御方(明石の女御)を介して、東宮のもとへ
  • 東宮のもとには、その唐猫を含めて複数の猫が。唐猫と面識のあった柏木は、東宮のところへ出向いた際に、たくさん猫が集まっているのを見て「私の知ってる人(=あの唐猫)はどこかな」と、唐猫を見つけ出す
  • うまく会話を展開し、柏木は東宮から唐猫を預かることに成功
  • 柏木は夜、眠る時も唐猫といっしょに。朝になれば撫でてかわいがり、すっかり柏木に馴れる唐猫
  • 「ねうねう」(ニャーニャー)とかわいらしく鳴く猫に苦笑する柏木
  • 「柏木は猫をかわいがる性分じゃなかったはずなのに」と、周囲に噂がたつが、東宮から返すようにと督促があっても唐猫を返さずに話し相手にしている

「うちの御ねこ」を取り巻く状況が少し見えてきました。「唐猫(=かのありし猫)」は、柏木と女三の宮とを顔合わせさせた、ストーリー上の役割がありますが、「うちの御ねこ」はその唐猫を柏木の元へ来させるために、この場面では登場します。以前紹介した、寛平御記の記述と内容を照らし合わせると

・内裏の御猫が東宮の元へ→当時皇太子(=東宮)だった宇多天皇が、父の光孝天皇から黒猫を賜る
・特に猫をかわいがる性格の東宮→猫に話しかける宇多天皇

という箇所が、ツンデレ猫日記の記載と符合するのがわかります。少し想像をたくましくすると、宇多天皇が「他の猫は浅黒いけど、この猫は墨のように真っ黒で…(餘猫猫皆淺黑色也。此獨深黑如墨)」と書いた部分は、唐猫とそうでない猫との違いに関わっているのかもしれません。

『河海抄』では、この箇所に対して『寛平御記』を引いたわけでして、「源氏の作者の紫式部も、この『寛平御記』の記述を元にした」と考えたと思われます。そうであれば、紫式部は『寛平御記』を知っていたことになります。もしかしたら、源氏の猫記述を追うことで、現在は1つしか残されていない、宇多天皇の猫デレ話の残欠が見つかるかもしれません。その可能性に期待しつつ、次回は源氏の他の箇所に見える猫の話を探していきたいと思います。

[Photo by Jean-François Chénier


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です