俳優の萩原流行さん「猫と共に葬られることを生前に要望」との報道



こちらの茶白猫は、イメージ画像です。

今月22日、以前から猫好きを公言されていた、俳優の萩原流行さんが、オートバイ事故で亡くなるという、痛ましいニュースがありました。その後、東京スポーツにて「萩原流行さん“遺言”で『猫葬』を要望」との報道をキャッチしましたので、ご紹介します。26日に掲載された記事によれば、萩原さんと生前親しかった知人女性の言葉として、次のような話があったとのこと。

萩原さんは生前、この女性に“遺言”として、こう語っていたという。

「オレが死んだら小鉄と一緒にしてほしい。小鉄の骨つぼに入れてくれ」

いわば“猫葬”だ。それこそ萩原さん夫婦は、小鉄を息子のようにかわいがっていた。

小鉄とは、2001年に世を去った、萩原さん夫妻の愛猫・小鉄君のこと。萩原さんと小鉄とのエピソードは、日刊サイゾー(前編後編)の他、日刊SPA!にも掲載されています。小顔の茶白猫である小鉄君に頬を寄せる萩原さんの写真はこちらから。一人の猫好きとして、改めて、ご冥福を祈るとともに、天国で小鉄君と再会されていることを願います。

[Photo by TeamK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です