2015年4月7日

時を刻んで瞬きする猫、時計の盤から笑顔を見せる



これ、もしかして、猫のオモチャになるかもしれませんね。

ハンガリーはブダペストのプロダクトデザイナー、Zoltan Kecskemeti B.さんのデザインした壁掛け時計「moire seconds」のプロトタイプ。秒針部分と盤の部分が一体化してあるとともに、盤には全面にスリットが入っています。これが秒針の回転に合わせて回ると…。

ニャンコキャラの目がパチクリパチクリと、アニメーション。他に、ハートビートタイプもあり、こちらは、人間の心臓よろしく、ドックンドックンと脈を打つように見えます。もし猫がコレを見たら、目が釘付けになってしまいそうであります。

素直に欲しいと思ったのですが、冷静に考えると、仕事場のような場所で毎秒毎秒パチクリパチクリとされては、かえって落ち着きませんので、広めの部屋で、少し遠目に見えるように配置するのがベストかなと思われます。まあ、プロトタイプで販売されているものではありませんので、そんな心配は無用なのではありますが。

moire seconds prototype – optical illusion wallclock/YouTube via siz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です