2014年9月10日

透明ボウルに眠る猫、猫の流体説を示す強力な事例に



これは、とろけてますね。間違いありません。

先日の階段を流れ落ちる猫に続き、流体たる猫の面目躍如。ボウルからあふるるところなどは、あふれ落ちそうで落ちない、まさに表面張力による絶妙なバランスといったところでしょうか。Flickrの、この写真の解説によると、猫カフェきゃりこで撮影されたようです。

あの頬をボウルに戻したら、きっと渦潮のごとく、渦を巻くものと思われます。やはり猫は流体であるという説に、また一つ事例が増えましたな。

[Photo by Peregrino Will Reign



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です