2014年7月30日

猫をあしらった電卓アプリ、かわいい見た目に反して高機能



かわいいふりして、あの子、割とやるもんだねと、的な。

「特徴は何にもないんだけど、とりあえず、猫キャラとか猫写真と絡めればかわいいでしょ?ほらほら」と言わずとも、その魂胆がにじみ出ててきて、見ているこっちが生きるのが辛くなるアイテムは数多ありますが、本日のAndroid用猫電卓アプリ「NekoCalc」は一味違います。猫と関係なく、ちゃんと基本機能が充実した、電卓アプリです。

桁数は14桁まで表示。ご覧の通り、ニャンニャンと並べていくと、22兆2222億2222万2222まで表示できます。ボタンを押すとバイブ振動する機能も搭載。四則計算とメモリー計算機能、平方根計算、履歴表示、税込・税抜き計算機能といった基本的な機能はもちろん、源泉徴収額を自動計算する機能も搭載。ちゃーんと100万円超の場合の税率変化にも対応し、例えば、150万円の報酬の場合ですと、

タックスアンサーの例にあるとおり、204,200円と表示してくれます。フリーランサーには、請求額と入金額の突き合わせを行うときに重宝しそうです。消費税率・源泉税率の変更も可能となっています。

その他、キーサイズ変更(大・小)、位置変更(中央配置・右寄せ・左寄せ)、キー配列変更(シャープ系・カシオ系)もできます。そして、TOP写真にあるように、テーマの変更もできます。今のところ選択できるのは2テーマのみですが、今後順次増加予定とのこと。テーマカスタマイズ機能についても、検討中だそうです。

気になるお値段は、無料。ただし、無料版ですと画面上部の、操作に支障がない位置に広告が表示されます。アプリ内科金にて広告は消せまして、こちらのお値段は250円となっております。現状ではAndroid版のみですが、公式サイトによれば、iOS版は「COMING SOON」となっていますので、Apple様のご機嫌次第で近日中にダウンロード可能になるものと思われます(追記:中の人から「年内リリース目標ぐらいで進行中」との情報をいただきましたので、修正しました)。

NekoCalc/ラテール]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です