2013年12月22日

42年の歴史を持つ猫雑誌『猫生活』が、今月発売号を最後に休刊





最終号の特集は「いとしの和猫」です。

数多ある猫雑誌のなかでも、創刊42年、通巻446の歴史を持つ、緑書房の『猫生活』が12月12日発売の2014年1月号にて、休刊になるとのこと。緑書房は愛犬情報誌『Wan』養豚専門誌『養豚界』獣医・動物看護の専門辞典などを手がけている、まさに動物専門の出版社さん。猫雑誌の休刊はたいへん残念ではありますが、同社刊行の『伴侶動物が出合う中毒』などは猫ジャーナル的にも勉強になりそうな文献ですので、今後もウォッチしていこうと思っております。

最終号の詳細情報やサンプルページ閲覧は、公式ページからどうぞ。お値段は980円、特別付録として、2014年カレンダー「猫暦」付きです。

[Image via 猫生活 Facebookページ緑書房


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です