2012年11月17日

猫のスカイダイビング動画が物議を醸す




ニャントも優雅に飛んでおります。ニャンコが単独スカイダイビング。怖じ気づくこともなく悠々と空を飛び、見事なフォーメーションで人文字ならぬ猫文字を完成。

こちら、スウェーデンの保険会社「Floksam」のWebCM動画。猫スカイダイビングは「I Believe I Can Fly.(英訳)」とのスローガンを表現したものだとか。動画の26秒ごろにある、肉球と肉球のドッキングは可愛さ満点ですね。

そして、こちらのCMを見たネットユーザーから「動物虐待じゃねーの?」といった意見がYouTubeのコメントに寄せられ、猫愛好家の間で話題になったそうですが、「あれ、合成だよ!」と同社のマーケティングディレクターが種明かしし、一同ホッと胸をなで下ろしましたとさ。その顛末はCNNでも取り上げられました。CMを作った側は、してやったりですね。

ちなみに、CNNの動画では実際に、人と一緒にスカイダイビングしている猫ちゃんも紹介されていました(2分6秒ごろから)。

こちらの動画の2分6秒から。明らかに不満そうな顔です。

Swedish Insurance Skydiving Cats[YouTube via KWGN.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です